ジェネリックについて >> ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?

新薬と同じ効き目で患者さんの負担を軽減する医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発品(新薬)と効き目(効果)が同じで、患者さんの負担を軽減する医薬品のことです。
先発品(新薬)は医療の進歩に貢献するために世の中に送り出されますが、その開発費は通常150〜200億円にものぼるため、特許法で当該特許の出願から20〜25年間は独占的販売権が与えられています。ジェネリック医薬品は、先発品が発売された後の一定期間、その有効性や安全性についてより多くの情報が蓄積され、有効性や安全性が確認された後、使われます。
このように“先発品の有効性や安全性が一般的(ジェネリック)になった”薬を『ジェネリック医薬品』と呼んでいます。

  • ジェネリック医薬品とは?
  • 安い理由
  • 安心の安全性
  • 今後のジェネリック医薬品