ジェネリックについて >> 今後のジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは?

新薬と同じ効き目で患者さんの負担を軽減する医薬品

超高齢化社会を迎え、日本の医療費は30兆円を超えて国家予算の3分の1を占めるまでに膨れあがっています。このままでは、日本の医療保険制度はパンクしかねません。
これを抑制するために、現在、国はさまざまな改革に取り組んでいます。ジェネリック医薬品の使用促進は、品質再評価の制度を設けたり、日本版オレンジブックを発行するなどして、国が特に推進している政策のひとつです。
ジェネリック医薬品を使うことによって、薬剤費を抑えることができ、国の医療費はもちろん、医療機関の支出、そして患者の自己負担も軽減することができます。
また、欧米諸国のように、医薬分業が浸透し代替調剤が可能になれば、「同じ効き目なら安い薬を選びたい」という患者の自主性が芽生えてきます。そうなると、ますますジェネリック医薬品に注目が集まるのは間違いありません。

  • ジェネリック医薬品とは?
  • 安い理由
  • 安心の安全性
  • 今後のジェネリック医薬品