ジェネリックについて >> 安い理由

安い理由

開発コストを抑えることにより実現した低価格

医薬品の価格には、製造経費と開発経費、その他の経費が含まれています。 先発品(新薬)の開発には通常150〜200億円の開発費用がかかり、臨床試験(ヒトへ投与して有効性と安全性を確認する試験)がその大部分を占めています。一方、ジェネリック医薬品は“先発品と効果が同じで、患者さんの負担を軽減する医薬品”という基本方針の下に、厚生労働大臣から承認される条件(承認申請資料等)が定められています。具体的には、先発品開発における臨床試験の代わりに生物学的同等性試験(開発費:約1億円程度)を実施することで開発費用が抑制できるため、ジェネリック医薬品は安いのです。

安い理由
  • ジェネリック医薬品とは?
  • 安い理由
  • 安心の安全性
  • 今後のジェネリック医薬品